JA出荷米 事前契約進む 複数年など高度化課題 農水省調査

 米主産地の生産者を対象とした農水省の調査で、JA系統出荷の事前契約率が9割近くとなり、取り組みが進んでいることが分かった。米の需給緩和の局面では、安定取引に……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは