[震災10年 復興の先へ] トウガラシ 新たな特産に 栽培仲間集め一味を商品化 福島県南相馬市 小高工房・廣畑さん

「トウガラシは完熟品を使い、辛味と風味のバランスにこだわる」と話す廣畑さん(福島県南相馬市で)

 東京電力福島第1原子力発電所から20キロ圏内にある福島県南相馬市小高地区。2016年に避難指示が解除されたものの、住民の居住率はいまだ53%と低い。そんな中、1人の女性が新たな特産づくりで町おこしをしようと「小高トウガラシプロジェクト」を発足させた。地域住民と手を取り合い、かつてのにぎわいを取り戻すため奮闘する。(高内杏奈)
 

大好きな町 取りたい戻し


 呼び掛け人は、トウガラシの加工を手掛ける小高工房の廣畑裕子さん(62)。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは