餅による窒息 コロナ下注意 運動不足で筋力衰え 高齢者リスクさらに

 餅を食べる機会の多い正月三が日に、窒息による死亡事故が多発しているとして、消費者庁が注意を呼び掛けている。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、特に高齢者は運動不足が懸念されており、専門家は「口の中の筋力が衰え、窒息の危険が高まっている」と指摘する。

 同庁が2018、19年の厚生労働省の人口動態調査を独自に分析したところ、餅による65歳以上の窒息死亡事故は2年間で計661件発生。このうち4割が1月に集中し、正月三が日の発生件数は127件だった。男女別では、男性が女性の2・6倍と多かった。年齢別では80~84歳が168人で最も多く、85~89歳160人、75~79歳108人と続く。

 東京都内で高齢者の栄養指導をする米山久美子管理栄養士は「高齢者はコロナ下の外出自粛で運動不足となり、全身の筋力が低下している。かむ力、のみ込む力も弱まっている」と窒息リスクの高さを指摘する。餅を食べるときは①小さく切る②喉を潤す③よそ見をせずゆっくりよくかむ──ことを注意点に挙げる。

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは