コロナ禍 密避け家でできる バケツ稲 農体験に重宝 JAグループ配布

JA職員からバケツ稲の説明を受ける子ども(新潟県十日町市で=JA十日町提供)

JAグループが配布し稲の栽培を手軽に体験できる「バケツ稲づくりセット」が、新型コロナウイルス禍でも食育を継続する手段として注目されている。「3密」を避けるため多くの農業体験が中止となる中、距離を取ったり、家庭に持ち帰ったりして体験できるのが特徴。JAが農業体験の代わりに活用したり、学校が新たに導入したりする事例が出てきた。……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは