コロナ禍で業務用卸苦境 家庭向けに販路転換

ドライブスルーを利用した客の車に野菜を積むフードサプライのスタッフ(東京都大田区で)

ドライブスルーネット予約販売


 新型コロナウイルスの感染拡大で業務用卸が苦境に立たされている。時短営業や来店客の定員制限などで飲食店向け食材の需要が落ち込んでいるからだ。こうした状況を解決しようと家庭用に販路開拓する動きが進む。

 東京都大田区の業務用野菜卸、フードサプライは、4月からキャベツなどの野菜約20種類が入った詰め合わせを1箱3500円からドライブスルー販売する。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは