超高糖度晩かん「あすき」育成 3月以降露地で成熟 農研機構

極めて高糖度な「あすき」の原木と果実(静岡市の農研機構カンキツ研究拠点で)

 農研機構は、超高糖度な晩生のかんきつ品種「あすき」を育成した。3月以降に成熟し糖度が16程度と高い。マルチなど特別な栽培管理をしなくても高糖果を生産できる。皮を手でむける「ミカンタイプ」で、風味が良い。果汁の流出が少ないため、消費が伸びているカットフルーツにも向く。

 1、2月に成熟する中生かんきつは数多く育成されてきたが、3月以降に露地栽培で成熟する晩生品種は十分開発されていなかった。……
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは