高松市場に事務所開設 相対増え野菜3割増 地元小売店とフェアも JA香川県

マルナカで実施したフェアを告知するちらし(高松市で)

 JA香川県の販売力強化推進室が、高松市中央卸売市場に事務所を開設して販路開拓で成果を上げている。せり人やスーパーのバイヤーらと顔を合わせて情報交換できる環境で、相対取引の割合を増やし、地産地消への回帰を目指す。今年度の同市場向け販売金額の目標は、2019年度比11%増の25億円を掲げる。高松市に本社があるスーパーでは、初めてJA産青果物のフェアを開催した。

 今年度からJAは、販売促進課に販売力強化推進室を発足。……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは