コロナ ストレス対処法公開 精神科お墨付き JA愛知厚生連海南病院

海南病院が公開している「コロナストレスに負けないための対処法100」

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、JA愛知厚生連海南病院がホームページで公開している、「コロナストレスに負けないための対処法」が注目されている。精神科臨床心理係のスタッフが、精神医学、心理学でできるだけ効果が検証されている対処法をまとめたもので、100の対処法を公開した。1月にはテレビ番組でも取り上げられた。

 対処法では、コロナ禍の長期化による「慢性ストレス状況」を危惧。慢性ストレスは気付きにくいが確実に心身をむしばむ。まず気付くことが大切だと強調する。

 その上で日々の心構えや効果的な飲食、呼吸法、日記をつける、自然に触れる、読書、運動など細かく具体的に提案している。人とのコミュニケーション法や怒りや憤りとのつきあい方、また、ストレス解消法として思いっきり泣く「涙活」や、ぬるめの湯で手を温める「手浴」なども示した。

 担当者は「自分自身がストレスを感じる中、周囲から『つらい、苦しい』などの声を聞いた。たくさんの対処法を具体的かつ簡単にできるよう、スピード感を持って作った」と話す。公開して以来、「地域の広報誌で紹介したい」などさまざまな反響があったという。

 担当者は「人はコロナストレスに打ちのめされることもあるかもしれないが、対処していける力を持っているというメッセージを込めた」と思いを語った。

JA愛知厚生連海南病院の「コロナストレスに負けないための対処法」

http://www.kainan.jaaikosei.or.jp/news/docs/20210112_CBCTV.pdf

 

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは