備蓄米ほぼ全量落札 需給緩和懸念で 21年産初回

 農水省は27日、2021年産政府備蓄米の初回入札(26日実施)の結果を公表した。年間買い入れ予定数量20万7000トンに対し、落札率は99%(20万5223トン)とほぼ全量が埋まった。初回の落札率としては現行の入札方式となった11年産以降で最高となる。主食用米の需給緩和が懸念されることで、産地が積極的に応札した。

 年間買い入れ枠のうち、他県と競争せずに落札しやすくなる県別優先枠は18万5314トンで、今回の入札でほぼ全量が落札された。県別枠のある33道県のうち、東日本の主産地を中心に青森、福島、新潟など22道県が全量を落札。……
 
次ページに入札結果の表があります
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは