決断はたいがい苦しさを伴う

 決断はたいがい苦しさを伴う▼中国のことわざに、「人は流水に鑑みるなくして、止水に鑑みる」(荘子)がある。流れる川は人の姿を映すことはできず、静止した水こそあるがままの姿を映す。人が冷静な判断をするには、静止した水のような澄み切った心境が必要だ、との教えにつながる。守屋洋著『中国古典「一日一話」』に学ぶ▼雑念を打ち払った「明鏡止水」の心境での決断はできたか。男女共同参画担当相で五輪相の橋本聖子氏が、東京五輪・パラ大会組織委員会の会長に決まった。いろいろな候補者が出ては消える、激流の中での決定である。女性蔑視発言で辞任に追い込まれた森喜朗前会長の後を継ぐ。政治の「父」と仰ぐ人の尻拭いでもあり、気持ちはさぞ揺れたろう▼先の東京五輪直前に北海道に生まれ、聖火にちなみ聖子と名付けられた、という。五輪メダリストで女性初のJOC強化本部長を務めるなど、スポーツ界に影響力を持つ。政界との調整役もこなせるとあって、「資格には申し分ない」と期待の声が上がる。新型コロナ禍の中、島根県知事からは聖火リレーの中止検討発言まで飛び出し、平和の祭典は追い詰められつつある▼「五輪の申し子」が、闇に包まれた“森”に聖火の光をともせるのか、正念場の決断である。
 

おすすめ記事

四季の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは