復興の地に力強く 福島産フキのとう 市場で好評

フキのとうを収穫する白岩さん

 春を告げる山菜のフキのとうで、福島産が高い評価を得ている。JAの部会が一丸となった取り組みで生産量を維持しており、東京市場ではトップシェアを誇る。東日本大震災にも負けず、高品質な産品の出荷を続けている。

 東京都中央卸売市場の昨シーズン(2019年11月~20年6月)の福島産フキのとうの出荷量は15トンで全国1位。市場占有率は震災後に11ポイント上昇し、現在は29%になる。1キロ単価は3549円となり、市場平均を22%上回るなど全国でもトップクラスの産地だ。

 今シーズンもコロナ禍の中、1パック(100グラム)360円前後と前年並みの取引が続く。首都圏の市場関係者は「業務関係の引き合いは弱いが、春らしさを彩る商材としてスーパーでの売り場が広がっている」とみている。

 震災以降、福島産の栽培フキのとうは、出荷前に圃場(ほじょう)ごとに放射線量の検査を受け、安全性を確認した上で出荷している。

 東京市場では高齢化などもあり10年で全体の入荷量が3割落ち込む中、福島産は入荷量を維持し続けている。

 主産地の一つ、JA福島さくらたむら地区では、57人の生産農家が約5ヘクタールで栽培する。JAの担当者は「新たに始める生産者が毎年出ており、10年間近く生産量を維持できている」と説明する。

 中心となったのは11年に発足したJAフキのとう部会。目ぞろえ会や栽培技術の共有を続け、新たに取り組みやすい環境を整えてきた。

 福島県田村市の白岩邦雄さん(83)も、10年ほど前から葉タバコに替わりフキのとうの栽培を始めた。「一つ一つが軽く、冬場の収入にもなる。体の動くうちは続けていきたい」と話す。
 

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは