世界農業遺産 3地域申請 国内版7地域認定

国際食料農業機関に申請する3地域(上:山形最上川流域、中:埼玉武蔵野地域、下:島根奥出雲地域)(農水省提供)

 農水省は19日、国連食糧農業機関(FAO)が認定する「世界農業遺産」に、山形県最上川流域の紅花の生産・加工、埼玉県武蔵野地域の落ち葉堆肥農法、島根県奥出雲地域の鉱山跡地での資源循環型農業の3地域を申請することを決めた。国内版の「日本農業遺産」には、4県7地域を認定した。

 世界農業遺産は、伝統的な農業技術や土地景観が保全されている地域などを認定する制度。2002年から現在までに22カ国62地域が認定され、日本では中国に次いで2番目に多い10県11地域に上る。3地域については秋ごろをめどに申請し、FAOの現地調査などを経て登録の可否が決まる。同省が19年10月に申請した3地域も審査中という。

 山形県最上川流域は、紅花の生産と染色用素材への加工技術を約450年間受け継いできた。埼玉県武蔵野地域では平地に林を作り、落ち葉を集めて堆肥とすることで特徴的な景観と生物多様性を育んでいる。

 島根県奥出雲地域は鉱山跡地を棚田として再生し、独自の土地利用で複合的な農業経営を行っている。いずれも18年度までに日本農業遺産に認定された。

 野上浩太郎農相は同日の閣議後記者会見で、今回の申請・認定が「地域の皆さんの自信や誇りにつながる」と期待した。

 農相が認定する日本農業遺産は、今回を合わせて16県22地域となった。同遺産に認定された地域は次の通り。

 ▽富山県氷見地域(持続可能な定置網漁業)▽兵庫県丹波篠山地域(丹波篠山の黒大豆栽培)▽兵庫県南あわじ地域(水稲・たまねぎ・畜産の生産循環システム)▽和歌山県高野・花園・清水地域(聖地高野山と有田川上流域を結ぶ持続的農林業システム)▽和歌山県有田地域(みかん栽培の礎を築いた有田みかんシステム)▽宮崎県日南市(造船材を産出した飫肥林業と結びつく「日南かつお一本釣り漁業」)▽宮崎県田野・清武地域(宮崎の太陽と風が育む「干し野菜」と露地畑作の高度利用システム)

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは