特定生産緑地90%へ 所有者に周知徹底 三鷹市と連携 JA東京むさし

生産者に特定生産緑地制度の説明を行うJA職員(左)(東京都三鷹市で)

 JA東京むさし三鷹地区と三鷹市は、農地保全を積極的に進め、より多くの生産緑地が特定生産緑地に指定できるよう取り組んでいる。2020年12月の同市の特定生産緑地指定面積は77・8ヘクタールで、指定率に換算すると64%。現在同市へ申請している15・6ヘクタール分を含めると指定率77%となる。市は「最低でも指定率90%以上を目指したい」と意欲的だ。

 JAと市は特定生産緑地の指定率を高めるため、18年から協議検討を進めてきた。……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは