農業の豪雨対策強化 ハザードマップ作成へ 福岡県

 福岡県は2020年の7月豪雨をはじめ、県内で4年間連続して豪雨災害が発生したことを受け、農業の減災対策に本腰を入れる。降雨による浸水想定区域や農業被害予測を地図に「見える化」し、関係市町やJAと情報を共有。水害リスクが低い地区に農業用ハウスを移転する際に経費を助成するなど、全国でも珍しい取り組みを進める。
 

21年度予算 ハウス移転費助成


 続発した豪雨災害では特に、河川の氾濫で農業に大きな被害が出た。……
 
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは