情報発信の影響調査 コロナ下 購買行動探る 農水省有識者会合

 農水省は17日、食料安全保障に関する施策を外部有識者と検討する「食料安全保障アドバイザリーボード」の第2回会合を開いた。食料の安定供給に関するサプライチェーン上の課題をテーマに設定。同省は、新型コロナウイルス感染拡大の影響などを説明した上で、食料の供給状況に関する情報発信が消費者の購買行動に与えた影響を調査する方針を示した。

 会合は非公開。同省によると、コロナ禍で生じた課題について、同省が説明した。……
1 2

おすすめ記事

新型コロナの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは