「日本茶と暮らそう」プロジェクト 消費喚起へイベント、飲み方発信 農水省

プロジェクトのロゴマーク

 農水省は30日、新型コロナウイルス禍で需要が落ち込んだ茶の消費を喚起しようと「日本茶と暮らそうプロジェクト」を始めた。4~6月の新茶の収穫シーズンに合わせ、同省ホームページに開設した特設サイトで、産地の新茶イベントなどを発信。生活のさまざまな場面で、お茶を楽しんでもらう。コロナ対策の販売促進事業も活用し、消費拡大を後押しする。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは