堆肥だけで野菜栽培 畜ふんをブレンド 化学肥料使わずに 畜産環境技研が実証

市販のコンクリートミキサーで堆肥を粒状にすれば簡単で安価に扱いやすい形にできる(畜産環境技術研究所提供)

造粒堆肥だけの栽培で育つピーマン(同)

 化学肥料を一切使わず、畜ふん堆肥だけで野菜が栽培できることを、畜産環境技術研究所が実証した。窒素が主体の鶏ふん、リン酸が豊富な豚ぷん、カリが多い牛ふんそれぞれの堆肥の特性を生かし、野菜に合わせた比率でブレンドする。粒状に加工し、追肥はせず元肥だけで栽培する。安価に堆肥を粒状にする造粒技術、造粒堆肥向けの施肥設計用ソフトも開発した。
 
 有機農産物への需要増に応えるとともに、家畜ふん堆肥の利用拡大を狙ったもの。……
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは