文書に押す朱印は織田信長が多用して広まったという

 文書に押す朱印は織田信長が多用して広まったという。国立公文書館デジタルアーカイブで信長が使った朱印が見られる▼印文は有名な「天下布武」の4文字。近江国の朽木元綱に与えたもので、朝倉攻めに失敗して京都に撤退する際に道案内した武将だ。信長は朱印、黒印どちらも使ったが、重要な文書には朱印を押した。徳川家康は海外貿易の許可に朱印を使い、朱印船貿易の呼び名が付いた▼時代は下って神社仏閣の御朱印が平成の大ブームに。これ狙いで信心深くもないのにまめに神社巡りをする人は多い。筆者宅にも10冊近くある。何が魅力かと言えば、身なり正しい坊さんや宮司が寺社名と参拝日を筆書きし、念入りに朱印を押すのを見届ける瞬間だろう。書き置きは味気ない▼最近は〈御城印〉といって城を見学した証しにくれるものもある。地元高校生がデザインしたローカル鉄道版の〈鉄印〉も登場した。「三陸鉄道リアス線」「わたらせ渓谷鉄道」など、名称だけでも旅情が湧く。「乗り鉄・撮り鉄」の鉄道ファンに新しい形態が生まれたらいい。コロナ禍の鉄道会社への打撃は甚大である▼第3波の収束がないまま第4波。山が一段高くなるとの予測もあり、警戒を。神頼みの気持ちになる。

おすすめ記事

四季の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは