JA内部監査共同化へ 来年度にも本格導入 福岡中央会

 JA福岡中央会は2021年度、県内JAの内部監査の受託を試行する。監査の質を高めて事業の検証や改善をJAに提案。不祥事防止にも生かす。一定の能力が求められる監査担当者の育成負担の削減にもつなげる。22年度からの本格導入を視野に入れる。

 県内20JAでは、それぞれ監査部に3、4人を配置している。……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは