遠隔参加も集客難 国際食品見本市 様変わり

「SHANDONG」の看板を掲げたフーデックスジャパンの中国エリア(3月、千葉市で)

 新型コロナ禍の影響で、各国・地域の国際食品展示場は、リモート商談を主流とする例年にない光景が広がっている。入国や対面販売の規制で、海外バイヤーが参加できず、売り込みの定番である試食、試飲ができないからだ。日本、香港、台湾の現場を追った。

 3月、日本最大の食品見本市のフーデックスジャパン会場。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは