生涯に500社の設立運営に関わった渋沢栄一

 生涯に500社の設立運営に関わった渋沢栄一。その一つに箱根の荒地を切り開いた大型牧場があった。耕牧舎という▼三井物産社長の益田孝らと興した。富士山に魅せられ避暑に訪れる外国人に牛乳を提供し、バターの製造販売もした。明治初期、日本は牧場ブームで政府高官、実業家、帰農士族らが競って原野にくわを入れた▼その後ろ盾は明治政府最大の実力者・大久保利通である。内務卿として勧農政策の柱に牧畜を据えた。渋沢は財政で大久保と衝突したが、牧畜に将来性を見る点では一致した。しかし大久保の暗殺で推進力はそがれ、誕生したばかりの農商務省は米麦増産の伝統的な農政に回帰する。旧農業基本法まで続いた▼各地の牧場が経営に苦戦する中、耕牧舎は東京進出を果たした。辣腕(らつわん)を振るったのが長州出身の新原敏三。後に独立し築地で牧場を営み、帝国ホテルや海軍関係に納めた。その長男が芥川龍之介である。『点鬼簿』で芥川は「僕の父は牛乳屋であり、小さい成功者の一人らしかった」と控えめに書いたが、明治の代表的な経営者だった▼東京・王子の渋沢資料館は耕牧舎の事績を展示する。大河ドラマが徳川斉昭の愛した「農人形」の次に牧場を取り上げたら、うれしい。
 

おすすめ記事

四季の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは