10年の教訓 被災の痛み自分事に ノンフィクション作家 島村菜津

島村菜津氏

 東日本大震災と福島第1原子力発電所事故から10年が過ぎた。昨年の秋、久しぶりに三陸海岸を訪れた。途中、海岸線沿いの物々しい防潮堤工事を目の当たりにし、復興などまだまだ遠いことを実感した。
 

浜支えるワカメ


 案内してくれたのは、「浜とまちをつなぐ十三浜わかめクラブ」(2020年発足)の代表、小山厚子さんだ。震災直後、宮城県十三浜の物資支援に始まり、13年からは新物ワカメや昆布を直接購入し、浜の暮らしを支えてきた。雑誌「婦人之友」の読者から成る「友の会」約180団体が賛同。小山さんによれば、「友の会」の女性たちの家計簿には公共費の欄があり、いざというときに出せるよう普段からストックしている。だから10年たって他の多くの支援が途絶える中でも自分たちは続けられるという。

 いざというときの社会活動のために日々、ためておく。それが体にも心にも効くワカメに化ける。こんな良い話はない。

 十三浜は、宮城県北上町に点在する13の集落だ。その一つ大室の漁師・佐藤徳義さんは津波で船も家も流された。2~4月に刈り取ったワカメは、すぐ浜で湯通しして、一度、冷やして濃い塩水に漬け込む。葉と硬い中芯を分ける芯抜きも根気と経験が要る。丁寧なものづくりだ。

 「塩蔵ワカメの自給率は25%ほど。それをしっかり伝えてほしい」と徳義さんはいう。外食産業や加工業者の多くが安い輸入品を選ぶため、漁師たちは買いたたかれ、苦戦しているのだ。

 再建した住宅で1人暮らしをする元漁師の佐藤清吾さんは、震災直後、宮城県漁協十三浜支所の運営委員長としてワカメ養殖による復興の指揮を執った人だ。「北上山系から真水が注ぎ、沖で親潮と黒潮が交わる。このリアスの浜で育つワカメは肉厚で格別においしい。出荷まで3年のホヤやホタテと違い、ワカメは短期で収益になる。迷いはありませんでした」
 

変わらない行政


 漁師を励まし、復興に尽力した清吾さんは、本家に避難した妻と孫、兄たちを津波で失った。その清吾さんが、かつて万里の長城とまでいわれ、1200億円を投じた岩手県の田老地区の防潮堤が跡形もなく破壊されたのだという。もう一度、同じ過ちを繰り返す行政への憤りを静かに語る。

 一方で、この20年で漁師は25万人から18万人、農家も260万人から168万人に減少した。

 震災から10年、農山漁村に日々の食卓やエネルギーを託している大都市の私たちは、果たしてその声に本気で耳を傾けたのだろうか。災害はどこにでも起こる。彼らの痛みを自分事として受け止めることができたのだろうか。

 しまむら・なつ 1963年福岡県生まれ。東京芸術大学卒。ノンフィクション作家、イタリアのスローフード運動を日本に紹介した先駆者。「スローフードな人生」「スローな未来へ」など著書多数。
 

おすすめ記事

論点の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは