コロナ禍の減収農家応援 組合員4911人に支援金 JA山形おきたま

梅津代表(左)に支援内容を伝えるJA職員(山形県長井市で)

 JA山形おきたまは、総額2億円の新型コロナウイルス感染症対策生産者支援を行った。コロナ禍による減収など、農業経営に打撃を受けた組合員の経営継続を支援する。支援対象者は、JAに継続的に販売している生産者で、正組合員のうち約26%に当たる4911人。販売高や販売手数料を基準に1億5000万円を支援した。
 

子会社も利用券配布


 昨年6月に開いた第26回通常総代会で決議された積立金を原資にした。……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは