規格外の花販路拡大 取扱店コロナ前の17倍 来年度は1000カ所目標 東京・ハナネ

先月実施されたブックオフでの「花つみ」(京都市で=ハナネ提供)

 市場規格外の花を扱うハナネ(東京都港区)の販売量が拡大している。先月はブックオフなど取扱店が51店に増え、新型コロナウイルス流行前の3店から17倍となった。花売り場を設置した店では、本業の売り上げ増につながる効果も出ている。

 同社は市場規格外生花をどれでも1本100円で販売する「花つみ」を展開。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは