法人議決権緩和 規制改革WG内でも異論 優良農地支配を懸念

 政府の規制改革推進会議農林水産ワーキンググループ(WG)が関心を示す農地所有適格法人の議決権要件緩和を巡り、同WG委員の農業経営者から否定的な意見が相次いでいたことが議事録から分かった。要件を緩めた場合、農業関係者以外の資金力がある出資者に農地を支配されかねないなどの指摘が出た。身内からも異論が噴出したが、同会議は要件緩和を迫る姿勢を崩していない。
 

資金調達円滑に→経営権脅かす


 こうした指摘が出ていたのは3月5日のWG会合。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは