米在庫 余剰感強まる 業務需要低迷 21年産契約に影響

 消費不振で米の民間在庫量が高止まりし、余剰感が強まっている。特に新型コロナウイルスの影響が大きい業務用銘柄を抱える産地を中心に、月を追うごとに在庫状況が悪化。卸は米の先安観から仕入れを必要最小限にとどめており、21年産の契約にも影響が出始めている。

 農水省によると2月末の民間在庫量は……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは