CO2減へ土壌 最前線に 農家の役割期待 バイデン米大統領

 「最先端技術を導入し、米国の土壌を(炭素削減のための)次の最前線にする」

 バイデン米大統領は、気候変動サミット冒頭の演説で農家が温室効果ガス排出削減分野に果たす役割に触れた。発言はバイオ燃料の原料供給、森林や農地の二酸化炭素(CO2)吸収などが念頭にあるとみられる。環境対策に熱心なバイデン政権は気候変動に対抗するスマート農業を提唱する。今週に入って、米農務省は排出削減に向けたいくつかの対策を矢継ぎ早に打ち出している。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは