21年産 大豆の播種前入札 最高値 不作続き引き強く

 日本特産農産物協会が30日、今秋に収穫する2021年産国産大豆の播種(はしゅ)前入札(4月26日実施)の結果を公表した。60キロ平均落札価格は前年産播種前価格比で8・7%高の9657円で、同入札では過去最高値となった。近年の作柄低迷で不足感が強まり、取引が活発化した。今後も堅調相場が続く見方が強い。

 今回上場された1万6711トンのうち、93%が落札された。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは