[活写] 黄色の海 群泳

那須連山からの風を受け、菜の花畑を悠々と泳ぐこいのぼり(栃木県那須町で)

 残雪を頂いた雄大な那須連山を従えて、菜の花畑を泳ぐ500匹のこいのぼり。栃木県那須町の大島地区では、目に鮮やかな風景が訪れる人の目を楽しませている。

 県那須農業振興事務所と大田原市、那須塩原市、那須町が取り組む「那須の菜の花プロジェクト」会場の一つだ。県の助成で3市町が購入した菜の花の種を希望する団体に配布し、農閑期の農地や耕作放棄地を生かす。特に大島地区には、広さ4ヘクタールに及ぶ最大の花畑がある。地元で野菜を生産・販売する農業法人「那須ハートフルファーム」が整備し、案内や誘導係も同社の社員が務める。

 昨年は新型コロナウイルス感染防止のため中止となったが、今年は見物客にマスク着用と手指の消毒を要請。トイレや手すりの除菌も頻繁に行い、密集を避けるため地元野菜の直売所を縮小して開催を決めた。

 町内のホテルに勤務する木村七海さん(23)は「開放的で気分が上がる。コロナ下の生活でも、地域で盛り上がってほしい」。こいのぼりが見られるのは20日ごろまで。(仙波理)
 

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは