キャベツ王国 最古の証人 群馬・嬬恋村

村内で展示中の世界最古の量産型トラクター「フォードソンF型」。所有する金子さんと長男の博幸さんが車体を磨いていた(群馬県嬬恋村で)

 群馬県嬬恋村で、約100年前に製造された世界最古の量産型トラクター「フォードソンF型」が見つかり、話題を集めている。嬬恋郷土資料館が調べたところ、国内で現存する5台のうち最古と分かり、同館で5日まで展示している。

 村のF型は、村内でトラクターの修理販売を手掛ける金子健次さん(73)が、静岡県の牧場主の遺族から30年ほど前に譲り受けた。20馬力で現代の貨幣価値で1000万円ほどで販売されていた。譲り受けた当時から動かなかったが、金子さんはさびていたF型を分解し車体を白、鉄の車輪は青に塗り直した。

 資料館は、村が2020年に夏秋キャベツ生産で50年連続日本一になったのを記念し、トラクターの展示を企画。関俊明館長が調べると、これまで最古とされてきた北海道上富良野町のF型より製造番号が古いキャブレターが使われていた。

 金子さんは「古いバスなどで使われていた馬てい形発電機があれば、エンジンがかかる可能性がある。きれいになったので動かしてみたい」と期待する。

 
動画が正しい表示でご覧になれない場合は下記をクリックしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=yswKRrjaVxs  
 

おすすめ記事

動画ニュースの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは