成田市場 来年1月移転へ 空港隣接 輸出拠点に 手続きを一元化

 千葉県の成田市公設地方卸売市場が、2022年1月の開場に向け大規模な市場再整備を進めている。日本の玄関口、成田空港に隣接する立地を生かし、輸出拠点としての機能を強化する。卸売市場では初めて生鮮品輸出の手続きを一括で担う体制を整備して、取扱高の回復や市場の活性化を目指す。
 
 市場は現在地から12キロほど離れた場所に移転、再整備する。……

 
次ページに成田市場が持つ機能や事業者の特色を紹介
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは