イソップ寓話に「ガチョウと黄金の卵」がある

 イソップ寓話に「ガチョウと黄金の卵」がある。貧しい男の飼うガチョウがある日、金の卵を産む▼それから毎日1個ずつ産み、男は貧乏の身から脱出した。だが1日1個しか産まないのが物足りなくなる。腹の中に金塊があるに違いないと妄想が膨らみ、ついには腹を切り裂いてしまう。ガチョウは死に、男は元の貧乏に戻った▼欲張るとろくなことはないの教えはいくつもある。それでも抑えられないのが人のさがというものだ。立川談志さんは「落語とは人間の業の肯定である」との名言を残した。熊さん、八っつぁんの業なら許されても、新自由主義の格差拡大はさすがに抑制の空気が本家の米国にも生まれている▼この思想に染まった経済政策に欧米が転換し始めたころ、真逆の世界観を信条とした政治家が首相になった。岩手出身の鈴木善幸氏である。「足らざるを憂えるより、等しからざるを憂える」と就任直後の会見で述べた。新自由主義の大家ハイエクを教えていた某教授が「古いこと持ち出すなあ」とぼやいたのを思い出す。地味で根回しを得意とした。今、再評価されていい政治家の一人である▼こちらは渦中のオリンピアン。義母に「金の卵を産む鶏」と褒められたら、皆さんはどう思う。
 

おすすめ記事

四季の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは