コロナ下 消費行動変化 「食品保存増」2割 自宅で料理増3割 JCA調査

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、米や肉、野菜など食品の各品目で、保存量が増えた消費者が2割に上ったことが、日本協同組合連携機構(JCA)の2020年度の調査で分かった。自宅での料理回数が増えた人は3割いた。外出自粛や在宅勤務の増加が背景にある。食品の販売は、消費者の生活様式変化に対応した戦略が鍵になる。

 JCAの「農畜産物等の消費行動に関する調査」で、毎年実施する。20年度は20年8~9月にインターネットで全国の2159人が回答した。

 自宅での食品(冷凍を含む)の保存量が増えたと……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは